白髪を減らしたい!まずは正しいお手入れ方法を


「最近、白髪が目立つようになってきた。」


「白髪が増えてきたせいで、老けて見られる。」


「疲れているように見られる。」



白髪は男女ともに、30代半ばから40歳あたりから目立ち始める…などととよく言われますが、ここ近年は10代20代と、若年層からの白髪の悩みも増えてきています。


誰しも白髪になっていくのは避けては通れない道。でも、出来るなら黒髪の方がいいですよね。


だからといって世間の目が気になり、むやみに白髪を抜いたり カラコンなどで黒く染めたりと…、これでは髪や頭皮が傷つき痛めかねないので、なるべくなら避けたい。また、白髪や薄毛を増やす要因にもなってしまいます。



「では、白髪を減らす方法はあるの?」



答えは「YES」です。



髪が生えてくる色は、元々白髪なんです。髪が生えると同時に、メラニンという色素が黒く染めてくれます。


そのメラニンを生成する元の工場が、「メラノサイト」という色素細胞です。


その人の性質にもよりますが、メラノサイトを活性化させることで、白髪から黒髪へとよみがえります。


そのためにも、正しいお手入れ方法を学んでいってください。



白髪が減らない原因って何?


「何度もシャンプーをして、髪や頭皮をキレイにしているのに。」


「色々と改善方法を試しているが、あまり変わらない。」


このような方って結構多いのでは?



全く無駄とは思いませんが、そもそも何が原因なのか知ることが 最も大事です。


まずは、白髪が増える代表的な原因をまとめましたのでご参考にしてください。


>

@老化や遺伝


白髪が増える 最も多いの原因が老化や遺伝です。


人にもよりますが、だいたい30歳前後で急激にメラノサイトの機能が低下すると言われています。


また遺伝は、かなりの確率で白髪を受け継ぐこととなります( ノД`)シクシク…


老化や遺伝はある意味仕方のないことですが、髪をケアするとしないとでは、白髪になるサイクルが変わってきます。


Aストレスや生活習慣


ストレスは言うまでもなく 誰もが持っているのもの…、ただそれをすぐに発散できる人とできない人とでは、大きく変わってきます。


ストレスを溜め込むと、自律神経の乱れから血行が悪くなり、メラノサイトの機能が低下します。


また寝不足・運動不足・疲労・喫煙・過度なダイエットなど 生活習慣の乱れは血行が悪くなる原因なので十分ご注意ください。


B偏った食事


肉や麺類などの炭水化物メインの食事が多くありませんか?


コンビニ弁当や外食など偏った食事メインになっていませんか?


肉や炭水化物は、エネルギーを発散するために不可欠な食材ですが、あまり捕り過ぎると、血行不良やコレステロール値をあげることになります。


また、最近のコンビニ弁当はヘルシー感が増していると思われがちですが、メインはやはり肉類と炭水化物。外食だと、自分の好きなものメインになりがち、どうしても栄養が偏ってしまいます。


たんぱく質・ミネラル・カルシウム・ビタミンなども織り交ぜて、バランスの良い食事を捕ってくださいね。


C紫外線

頭皮や髪に直接影響の受けやすいのが紫外線です。


長時間紫外線を浴び続けていると、肌の内部(真皮)まで浸透し、活性酸素を発生させます。


活性酸素が細胞を錆びつかせ、メラノサイトを破壊します。


なので白髪にお悩みの方は、帽子や日傘、衣類などで頭皮や髪を保護をしてくださいね。



・紫外線がもたらす脅威!白髪・薄毛の原因にもなるのはご存知でしたか?

白髪を減らす方法 まずは食生活を改善しよう!!


これまで髪のメカニズムや白髪が増える原因をご紹介してきましたが、「白髪対策はちょっと大変...。」と思われたかも知れません。


でもそんなことはないですよ。


あなたの普段の食生活スタイルを少し変えるだけで、劇的に白髪を減らす方法になるかも知れません。



「すべて摂取するのは大変!!」



そういう方には、サプリメントがおすすめです。





@たんぱく質


たんぱく質を体内に摂取すると、髪の90%原料となる18個のアミノ酸(ケラチン)に分解されます。


まずこれを摂取していかないと、白髪を減らすどころか まともな髪が生えてきません。

主な食べ物は、肉・魚介類・大豆・乳製品です。


但し、肉などの動物性たんぱく質をとり過ぎると、脂質やコレステロール値が大きいため、血行が悪くなります。


植物性たんぱく質(大豆・枝豆・納豆・かつお節など)を織り交ぜながら、バランスよく捕ってください。


Aチロシン


髪を作る多くのアミノ酸の中で、髪を黒く染めてくれる成分がチロシンです。


チロシン不足=白髪が増えると言うことになりますね。


主な食べ物は、チーズ・大豆・カツオです。


チロシンを摂取して、2時間後に髪にいきわたりますので、就寝2時間前に摂取するのがベストです。


Bミネラル

細胞の成長やメラノサイトの働きを活性化してくれる栄養素がミネラルです。


ミネラルには、カルシウム・亜鉛・銅・ヨードなどが含まれます。


主な食べ物は、昆布、ひじき、焼きのりなどの海藻類・牡蠣・大豆・牛レバー・玄米・乳製品などです。


チロシン(チーズなど)と一緒に摂取すると、より効果的です。


Cビタミン

健康や髪の生成を維持するために、最も欠かせないのがビタミンです。


特に白髪予防に欠かせないのが、



ビタミンB6


たんぱく質をアミノ酸に分解する役目をもっています。


主な食べ物は、肉・レバー・青魚・ゴマなどです。


ビタミンB9(葉酸)


加齢になるにつれ、衰えてくるメラニン生成力を活性化させる 大きな役割をもっています。


また、血液を作るために欠かせない栄養素などから、「造血ビタミン」と言われる所以(ゆえん)でもあります。


ビタミンB12と一緒に取り入れることで、血液を作り出し、髪の元となるチロシンを毛根まで運びやすくします。


主な食べ物は、海藻類・ブロッコリーなどの六黄色野菜・魚介類・レバーなどです。


ビタミンB12


メラノサイトを活発にさせる効果、また睡眠不足や疲労の改善効果があります。


野菜では全く摂取できないので、菜食主義者には不足しがちな成分です。


主な食べ物は、レバー・牡蠣・すじこやアンコウの肝などの内臓系などです。


葉酸(ビタミンB9)と一緒に摂取すると より効果的です。


ビタミンC


ビタミンCには、美肌・老化防止など、健康には欠かせない栄養素なのはご存知かと思いますが、実は白髪予防にも効果があります。


ビタミンCには強い抗酸化作用があり、活性酸素を分解し 排出する働きがあります。


ですから紫外線から頭皮や肌を守ってくれる、最も有効的な栄養素なんですよ。


主な食べ物は、ピーマン・パセリ・レモン・アセロラ・ゆずなどです。



ただし、アレルギーなど その方の体質にもよりますので、十分考慮したうえで食生活の改善を行ってください。

白髪を減らす方法 まとめ


白髪を減らすための改善方法をまとめてみると、ざっとこんな感じです。


@メラノサイトの活性化


A血行の促進


B頭皮を痛めず 清潔な状態を保つ


C食生活の改善



食生活の改善のほかにも、血流を促進するために 適度な運動・頭皮マッサージ・ヘッドスパ・禁煙などが効果的な方法です。


すべて一度にとはいいませんので、できるものから実践できれば…と思います。


そして白髪が気になる、薄毛・抜け毛が気になるという方は、植物性・アミノ酸系シャンプーを使うことをおすすめします。


髪の毛はもともとアミノ酸からできていますので、植物性・アミノ酸系シャンプーは、低刺激でしっとりと髪や頭皮を洗いあげてくれます。是非、試してみてください。



植物性・アミノ酸系スカルプシャンプー(男性用)はコチラ!!


最後までご覧いただき ありがとうございました。